2014年08月09日

[一部訂正あり]MOOSIC LAB 2014 審査員選評VOL.4:森直人(映画評論家)九龍ジョー(ライター)西島大介(漫画家)

※大変失礼致しました。九龍ジョーさんの選評で、ベストミュージシャン賞、ミュージシャン賞に誤りがありましたので、訂正致しました。申し訳ありませんでした。

選評、その4です!

M森直人(映画評論家)

グランプリ=QOQ|準グランプリ=遊びのあと|特別賞=おんなのこきらい、おばけ、あんこまん(以上3作品)|ベストミュージシャン賞=GOMESS|ミュージシャン賞=挫・人間、白い汽笛|最優秀女優賞=佐藤玲(おばけ)|女優賞=和田光沙(あんこまん)、森川葵(おんなのこきらい)|最優秀男優賞=ケツ(QOQ)|男優賞=横山真哉(これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。)、荒谷清水(寝床より愛をこめて)

 今回はものすご〜く悩みました。全体的に粒ぞろい(お世辞ではなく12作品すべて面白かったです)のうえ、逆に決定打となる一作がなく、本当に混戦。一度はグランプリを該当作なしにして、準グランプリと特別賞にいっぱい作品を詰めてやろうかな、とかも考えましたが……。
 そんな中、思い切って『QOQ』を推したのはぶっちゃけ個人的に超好みの作風で、「劇」としての面白さが突出していたから。黒田将史監督は、ある側面で初期の山下敦弘さんを更新する才能かなと思います。ただ一点、気になったのはMOOSICイズムの低さ。この映画における音楽はあくまで「ネタ」の域。芸人の話でも成立するのではないか?という……ここが正直今も引っ掛かってるので、他の審査員の方々から適切な批判が出てくることを期待してます(笑)。
 逆に『遊びのあと』は一番素直に堪能した「音楽系映画」。ヒップホップを介した現代日本のドキュメントとしても優れていて、こちらをグランプリにする考えも浮かびました。
あと最もウェルメイドだったのは『おんなのこきらい』。MOOSICというお題と丁寧に格闘していたのは『おばけ』と『ほったまる日和』かなと思います。期待の『あんこまん』は才気の当たりと空転が混在している印象。「もっとやれる」感を持ちましたが、やはり見過ごせない作品ではあります。
俳優部門も充実。『QOQ』は実質出演者全員が受賞ですよね。『おばけ』の佐藤玲さんは『アルファヴィル』のアンナ・カリーナ的。『これは僕がアカシック〜』の横山真哉監督は「すべり芸」の極致。作品はともかく監督本人のキャラ立ちが凄まじかったです。
 ともあれ個別に作品論をやりたい強度のものばかりでした!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

N九龍ジョー(ライター)

グランプリ=該当なし|準グランプリ=QOQ、おばけ(以上2作品)|特別賞=あんこまん|ベストミュージシャン賞=柴田聡子|ミュージシャン賞=挫・人間、町あかり|最優秀女優賞=佐藤玲(おばけ)|女優賞=森川葵(おんなのこきらい)、カネコアヤノ(恋文X)|最優秀男優賞=ケツ(QOQ)|男優賞=中村祐太郎(あんこまん)、影山徹(キッチンドライブ)

私の「MOOSIC LAB」における選考基準は、昨年の選評で書いたとおり。
前提として、「MOOSIC LABは直井卓俊によるその造語のとおり、『いかに〈映画〉と〈音楽〉を融合させうるか』というところに企画のキモがあると思っている。なので、志の高さはともかくとして、そのことに自覚的でない作品はいくら映画として優れていても特に授賞には値しない」というのも相変わらず。
この前提については、今回、どの作品もよく踏まえられていたと思う。

その上で、改めて「融合」の中身を検討してみると、オーソドックスというか、ドラマに楽曲や演奏シーンなどをいい感じに絡ませるウェルメイド志向が目立った。商業ベースでも通用しそうな作品も多かった。

だが、やはりそこではないのである。
求めるのは、映画と音楽のコアが高い次元でぶつかり合い、絡み合う作品なのだ。
昨年、そのハードルを越える作品が2本も現れたことで油断していたが、やっぱりこれはずいぶんと高い望みなのだろう。そんなことを今回、改めて思い知らされた。

グランプリとして太鼓判を押せる作品はなかった。
準グランプリに推した『おばけ』と『QOQ』は、その方向性については全力で支持するが、グランプリにはあともう一歩届かなかった。
『おばけ』について言えば、挫・人間を鳴らす位相に“狙い”があるところまではいい。だが、その位相に引っ張られて、物語の足下までおぼつかなくなってしまっている。
『QOQ』はもったいなかった。音楽への初期衝動ならぬ軽はずみが、「昨日/今日」を決定的に変えてしまう瞬間をさらっと描いており、類い希なるセンスを感じたが、ミュージシャンとのコラボという規定に則っていないことが最後まで引っかかった。

選んでいて楽しかったのはミュージシャン賞のほうかもしれない。こちらもあくまで映像との絡みを踏まえた上で選出した。
『ほったまる日和』は、ダンス映像としてはローザスなどを挙げるまでもなく手垢のついた感を免れなかったが、柴田聡子の内包する人懐こいようでいて尖ったフェティッシュとのシンクロは抜群であり、柴田の音楽に対して新たな発見を促すものがあった。
挫・人間は、先にも書いたとおり。『おばけ』という作品の中に、BGMでもなく、俳優としてでもなく、その音楽が鳴らされるべき位相がしっかり用意されていたのが大きい。
町あかりは、『あんこまん』の主題歌「ONE WAY ROAD」、さらに「栄冠は君に輝く」のカバーが素晴らしすぎた。逆に言えば、町あかりの曲がこれほどよいのにもかかわらず、異化効果的にしか使えていないところに『あんこまん』の弱さがあった。そのアンバランスさに惹かれるものはあるのだが。
そんなわけで、特別賞は『あんこまん』に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

O西島大介(漫画家)

グランプリ=おんなのこきらい|準グランプリ=あんこまん|特別賞=QOQ|ベストミュージシャン賞=カネコアヤノ(恋文X)|ミュージシャン賞=GOMESS(遊びのあと)、ふぇのたす(おんなのこきらい)|最優秀女優賞=森川葵(おばけ)|女優賞=理姫(これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである)、坂元ゆうな(QOQ)|最優秀男優賞=中村祐太郎(あんこまん)|男優賞=黒際連盟(QOQ)、横山真哉(これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである)


 MOOSIC LAB2014は、常連だった平波亘さんや、監督ではないものの常に関わり続けてきた大森靖子さんが卒業。と、同時に作り手の自意識こじらせ系男子映画が激減(横山真哉さん以外)。昨年の三浦直之(ロロ)さんの成功を受けてか、子供鉅人、ヨーロッパ企画、吉開菜央さんら演劇・ダンス勢が台頭。若手黒田将史さんや宮本杜朗さんら関西勢の人を食ったような作風が混沌を呼ぶ一方、ふぇのたす、カネコアヤノさんなど参加音楽家もポップ化。予算も役者陣も大幅に底上げされた感じ。メジャー感あります。
 『おんなのこきらい』は超絶カワイイ森川葵さんをズブズブと沈めていく手つきが恐ろしい作品。「こんな映画だろう」というこちらの先入観を底なしに更新していく作品で、加藤綾佳監督を「女ラース・フォントリアー」と呼びたくなりました。小さな女子議論に収まらない、突き放した視線が気持ちよい衝撃作。『あんこまん』は映画の中で口説き、騙し、濡れ場込みでやりたい放題やってしまう中村祐太郎という監督&俳優の圧倒的存在感にしびれました。まさに怪物。自ら演じて撮るさまは北野武のよう。黒際連盟同様に、「何かしでかしそうな気配」に満ちていて期待が膨らみます。
 カネコアヤノさんはナチュラルな演技が素晴らしい。もちろん歌も。アカシックは音楽よりも理姫さんのお水っぽさが魅力。横山真哉監督はトラクター上の演技がツボ(いっそ俳優転向は?)。あと同業者(漫画家)としてタイム涼介さんの映画熱と実行力はすごいと思いました。ムーラボでVFXって!
 昨年から今年にかけてMOOSIC LABが生み出した最大の成果は山戸結希監督と、大森靖子さんだと思います。両者とも「映画」の枠を平気ではみ出して別の場所に届いてしまう才能。両者の活躍が今年のムードを一変させた気がします。参加作品の行く先がもしかしたらもう「映画」なくてもいいのかもしれないって気すらしてくるし、映画を「踏み台」にするくらいの度胸があるほうがいいかもしれません。
 …と、偉そうに講評してる西島ですが今年は竹内道宏監督の元で『世界の終わりのいずこねこ』で共同脚本参加することに。完全にスタッフ側に回ってしまいました。ムーラボに関わると予想しないことが起きますね・・・。さて、来年は?

(以上16名による選評でした。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■MOOSIC LAB 2014 名古屋編
2014年8月9日(土)〜オープニングイベント@spazio rita(15:00)→上映@シネマスコーレ(20:00)
→|詳細!

■MOOSIC LAB 2014 アンコール上映
8月16日 土 QOQ/おんなのこきらい K's cinema
8月17日 日 NOBIDORANDO/あんこまん K's cinema
8月18日 月 イルカ少女ダ、私ハ。/恋文X K's cinema
8月19日 火 遊びのあと/おばけ/寝床より愛をこめて K's cinema
8月20日 水 これ僕アカシック/おんなのこきらい K's cinema
8月21日 木 ほったまるびより/キッチンドライブ K's cinema
8月22日 金 QOQ/あんこまん K's cinema

■MOOSIC SUMMER FEST 2014
8月25日(月)Shibuya WWW 17:00-
上映:NOBIDORANDO/おんなのこきらい
LIVE:町あかり / 挫・人間 / カネコアヤノ / いずこねこ/ 大森靖子
→|詳細!
posted by staff at 13:44| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする