2014年08月09日

MOOSIC LAB 2014審査員選評VOL.2:家田祐明(K's cinema)田辺ユウキ(ライター)菅原睦子(仙台短篇映画祭)

審査員選評、その2、です。

F家田祐明(K’s cinema)

グランプリ=おばけ|準グランプリ=QOQ|特別賞=NOBIDORANDO|ベストミュージシャン賞=TADZIO(NOBIDORANDO)|ミュージシャン賞=カネコアヤノ(恋文X)、白い汽笛(キッチンドライブ)|最優秀女優賞=佐藤玲(おばけ)|女優賞=和田光沙(あんこまん)、森川葵(おんなのこきらい)|最優秀男優賞=荒谷清水(寝床より愛をこめて)|男優賞=中村祐太郎(あんこまん)、ケツ(QOQ)


懐に忍ばせたナイフの切れ味、ライブハウスが危険だった時代の空気感。それらを丸ごと飲込み騙してくれた「NOBIDOLAND」はまさにMOOSICオープニングに相応しい高揚感を醸し出し、“新しい戦争をはじめよう”と狼煙を上げる。しかし、次々現れる作品に魅了されつつも、その高揚感とは別に映画と音楽が切り離されていく。所謂、面白い映画、良い映画として残っていくが、音楽は劇中のBGMに過ぎなかった。その中で輝いたのは「おばけ」だった。実体無きおばけが実体となり、男という存在となる。憧れは絶望に変わり、言語は転回し、存在の耐えられない実体に決別するかのように少女の独白に音楽が混ざり合い、何処か遠いところへ、遠い世界へ連れて行く。それはMOOSICの醍醐味だった。また、無冠に終わった「キッチンドライブ」だが、全編にわたり画面の奥で静かに、そして優しく包むように鳴っている音楽的ドライブ感は劇場内でこそ体感できるものであり、グッと響くものがあった。全12作品楽しませてくれたが、今年は、過去の「BIG BOSS」「PRIDE」のような “ふっと一息清涼ドリンク”のような作品が不在だったのは寂しい。グランプリ不在という今年の結果は残念だが、夏目雅子が“なめたらいかんぜよ!”と啖呵を切るように声を上げたMOOSICはこれからも挑発していくのかもしれない。

追伸
「QOQ」を忘れていた。“軽く好きです” MOOSIC LAB。今後もPOPによろしく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

G菅原睦子(宮城/仙台短篇映画祭STAFF)

グランプリ=該当なし|準グランプリ=遊びのあと|特別賞=イルカ少女ダ、私ハ|ベストミュージシャン賞=挫・人間(おばけ)|ミュージシャン賞=町あかり(あんこまん)、TADZIO(NOBIDORANDO)|最優秀女優賞=吉岡里帆(イルカ少女ダ、私ハ)|女優賞=佐藤玲(おばけ)、キキ花香(キッチンドライブ)|最優秀男優賞=GOMESS(遊びのあと)|男優賞=ケツ(QOQ)、馬と魚(QOQ)


12作品を2作品ずつ6日連続で観ました。今年も楽しませて頂きました。直井さんの方から音楽×映画の融合に着目とのことだったので、そのあたりも意識してみました。どの作品もまず見やすかった。昨年は初めての参加ということもあってか、作品が結構トンガッっていた印象がありましたが、今年はがつんと言う感じには会えなく、割とすんなり観てしまいました。それはどの監督たちも映画を見せるということを強く意識して、立ち向かわれたのだろうと思いました。そこに更に音楽という大きな制約もあるなかそれぞれがオリジナルを造り上げていることに、この企画に参加されている監督の方々の心意気に出会え、参加できたことに感謝します。

◉NOBIDORANDO
映像に緊張感があり、ショットも美しく、緊張を最後まで持って見た。その力はすごいなあと思った。それから映像のトーンとバンドがとても合っていると思った。まわりの証言からの2人と、音楽を演奏している2人のギャップが私には埋まらないまま作品が終わった。このバンドのたたずまいなのかもしれないが、この2人がとてもまじめなのだという印象をどんどんもってしまった。赤みの強いトーンの中で仮面をつけて演奏はしていても、空から見る花火や、間近な雲がまるで近未来のような風景をみても、その下には真摯に音楽に取り組む2人の姿が、とても対照的に映し出されているように見えて、今を生きている彼女たちをとても身近に感じられるそんな作品だった。

◉あんこまん
ずっとにじんだような、何かフィルターを常に挟み込んでいるような映像と、女性ヴォーカルの歌声がどこかなつかしい声で、メロディもまたどこか懐かしく、時々途切れる歌声もが、水槽の中を少し離れたところから傍観している気持ちになり、最後までそのスタンスで作品を見た。1年前と今の区別がうまくつかなかったので、いきなりラーメンに走るシーンにはちょっと驚いた。女性の描き方がちょっと乱暴かなあ思うところもいくつかあって、これって今の話なのかなあとも思うこともあった。よくも悪くも少し乱暴な作品という印象、その分監督の伸びしろは、かなりあるのではと思った。

◉イルカ少女ダ、私ハ。
音楽が物語に直結した作品。突拍子もない話しながら、水の底みたいな街や、夜のシーンは陸とも海ともつかず、いろいろなものがいきているのもありなのだと思わせてくれて、変な突っ込みも持たずに見ることが出来た。二人のことがニュースになったり、記者会見になったりするシーンがあまりいきてこなかったようにも思えたが、逃走したおばさんがいつの間にか加わるおかしさ(そのおばさんのその後が気になっている)などとても楽しく作品だった。惜しむべきは、繋がった二人が本編を少し逸脱してもいいので、歌っているショットがあったらなあと思った。フルとはいかなくてもそういったシーンがあってほしいと強く思った。

◉恋文X
謎の男がからんでの不思議な展開、絡み合った関係がおかしかった。どこかちぐはぐな、それでもその中でいろいろな思惑や揺れる気持ちで、途中までは展開が読めずにそれが楽しかったのだが、途中からいきなりべたな展開となり、すごい早さで収束していく感じがして少しもの足りなさを覚えた。そういえば跳ねるシーンの花びらもちょっと気になった。ステージシーンの歌はあまり印象に残っていないのが残念。映像もうまく、天地や奥行きの使い方などいい味わいを持ち、丁寧な作品づくりをしている監督さんなのだと思った。

◉おばけ
目線の使い方がうまく、フレームの外にも世界が見える。手の届かないものを愛する女子と、その女子の存在で場所を見つけた男子のなかなか交わることのない恋愛観が、ちょっと文学の香りを漂わせながら展開する。何度か現れる電車のシーンは、果てない答えを求めてはしる女の子版銀河鉄道の夜のようにも思えた。淡々とした映像の作りである。それだけに外に出たカメラが写すライブシーンは静寂だったそれまでの対比として、これでもかとばかり画面が動く。どこかしら青臭いシーンが、音楽ともあっていたと思う。

◉遊びのあと
ドキュメンタリーなのだが、カメラの介入をはっきり意識しているところと、カメラを気にしてカメラマンに話しかけたと思うと、次の場面ではカメラマンとの交流が全くなくなるところなど、それは意識的につくっているのだろうかととても気になった。その加減が何ともいえない面白さを醸し出していて、単にドキュメンタリーを見ているというのではない、何やら見入ってしまう作品だった。絵を描きながらの時間の流れ、音楽がないと生きていけないような、気持ちの揺らぎが音楽とリンクしていて、彼らのどこか不安定な気持ちにうまく合っていた。

◉これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。
音楽に一番感情を移入しているのは監督である。バンドのドキュメンタリーではなく、私の物語なのであるようだ。自分探しがテーマなのかなと思うとちょっよ引いてしまった。バンドの本気さと逃げ腰な監督の情けなさ、その対照的なところが唯一見えたのはライブシーンの撮影で、後ろからしか映せない、しかも近寄りも出来ない監督の姿のショットはとても良く面白かった(このシーンは本当に良かった)が、全体的にどこか中途半端なままで終わってしまったように思えた。前の人に拘ることにしても、もう分かり切ったことを文字で見せられることも、ちょっと萎えてしまった。

◉おんなのこきらい
かわいい子は産まれときから100メートル走の40メートル先からスタートするするくらいうらやましいことだと思っている。それも才能である。しかしそんな才能の子でも、努力を史恵いるということ、そして幸せは好きな男の人と一緒にいたいというシンプルな物語であった。ひねりとかはまったくない。主人公のかわいらしさあって、それだけで見せてしまう作品なのだが、さて音楽はどこに行ったろうと気づく。音楽がなくても十分成り立ってしまってはいないか?作品としてはとても良く、とてもうまくつくられているのだが、MOOSICとしては少し物足りない気がした。

◉QOQ
2人の男子の顔とたたずまいがとても良い。それだけでワクワクする。2人が3人になる過程で小さな世界が壊れ、そして再構築していく話である。結構辛らつな言葉もあり、ものを食べるシーンも汚いなあと思うのだが、何となく「顔」がそれを助けているように思った。それはこの作品の中ではとても大事な要素だと思う。けっこうこてこてな人が出てくるのですが、くどい感じはしなかった。ゆうなさんがはじめて歌うシーンでサイレントになり何やら想像が膨らんだのだが、割と普通なかんじだったので、あれはなぜそういった演出にしたのだろうかと気になった。

◉寝床より愛をこめて
タイトルを打ち込んでみてこういうタイトルだったんだと改めて気づいた。見終わったあと全然違うタイトルを勝手につけそうになった。エンドロールの歌が女の人だったり男の人だったりするのは物語に何やら意味があるのだろうか。いろんなことを勘ぐりながら見てしまって、あまり話しに入り込めないでしまった。現実とも夢ともつかないもののなかでいきていて、何度も生まれ変わる彼を見ていると、彼の無意識の中にある意識が生み出した世界のようにも思え、しまいには彼は本当に生きている人なのかなとまで思ってしまった。なのでラストショットはなかなか受け入れがたいまま終わってしまった。見る度に違う見え方が見えてくる作品のように思える。

◉ほったまる日和
家の中すべてが水の中のような印象だった。ポッポッと空気を吐き出す音も音楽になっていて、リズミカルだった。美しい光も、4人の動きも、音のないシーンもすべてが水の中での出来事のように思えた。皮膚や爪で小さな人形をつくるあたりを見るとこの家自体が子宮のようにも、ここにはいない誰かの頭の中の記憶を見せられているようにも思えた。風呂場にいる女子は何なのだったろうか。感情というものだろうかなど、いろいろ想像をさせてくれる作品だった。

◉キッチンドライブ
蔡明亮の画面をちょっと思い出す、2つの部屋を1ショットで見せるショットはなかなかいいなあと思った。それだけに2人のアップの1ショット2分割はもう少しなんとかならなかったろうか。それからラスト近くで彼女が見えない誰かに話しかけているシーンで、うたたねしている彼のショットのはさみはたして必要だったろうか。そのくらいが気になったくらいで、とても良く出来ている作品だと思った。過剰な演技と演出も、けたたましい一夜の祭りの様な宴も、その中で歌われている歌も、そのあとにくる「祭りの終わり」の物悲しさと静寂にちゃんとつながっていて、見応えがあった。キッチンは食事を作る、食べる場所=生きることにつながる場所というのも、なかなか感慨深いものに思えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
G田辺ユウキ(ライター)

グランプリ=NOBIDORANDO|準グランプリ=おんなのこきらい|特別賞=これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。|ベストミュージシャン賞=アカシック(これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。)|ミュージシャン賞=TADZIO(NOBIDORANDO)、黒際連盟(QOQ)|最優秀女優賞=理姫(これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。)|女優賞=森川葵(おんなのこきらい)、キキ花香(キッチンドライブ)|最優秀男優賞=影山徹(キッチンドライブ)|男優賞=益山寛司(キッチンドライブ)、木口健太(おんなのこきらい)


「SPOTTED701 Vol.25」で直井卓俊さん、森直人さん、九龍ジョーさんが『自分の事ばかりで情けなくなるよ』について「映画の在り方として『単体で完成するものではない』の発想」「映画として欠けているところが『映画より外側の物語』に繋がる」とお話されていました。
 『NOBIDORANDO』はTADZIOの一般的に未開のバンドという部分が作用し、その穴をフェイクの証言が埋めていきます。ぼやけた実像が混沌とした情報をもとに浮かびあがる。映画の中から外側に投げ出された偽情報を観客が拾い集め、勘違いしながら自分なりに補完/解釈。なるほど、これも一つの外側の巻きこみ方ですよね。
 『アカシック』はムージックの過去問を解いてるみたいでしたが、理姫さんの音楽と色気が、人を押し上げていくところにひかれました。横山監督の覚悟がそれに応えられてなかったのが無念でしたが、自問自答映画の定番「自転車に乗る」ではなくコンバインだったのは新鮮。“ひとり『キッズ・リターン』”。
 映画として良く、単体公開でもイケそうなのは『キッチン・ドライブ』『おんなのこきらい』。『QOQ』は「今回が黒田監督にとってまだ最高ではないだろう」というさらなる期待をこめて裏ベストに。

(つづく)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■MOOSIC LAB 2014 名古屋編
2014年8月9日(土)〜オープニングイベント@spazio rita(15:00)→上映@シネマスコーレ(20:00)
→|詳細!

■MOOSIC LAB 2014 アンコール上映
8月16日 土 QOQ/おんなのこきらい K's cinema
8月17日 日 NOBIDORANDO/あんこまん K's cinema
8月18日 月 イルカ少女ダ、私ハ。/恋文X K's cinema
8月19日 火 遊びのあと/おばけ/寝床より愛をこめて K's cinema
8月20日 水 これ僕アカシック/おんなのこきらい K's cinema
8月21日 木 ほったまるびより/キッチンドライブ K's cinema
8月22日 金 QOQ/あんこまん K's cinema

■MOOSIC SUMMER FEST 2014
8月25日(月)Shibuya WWW 17:00-
上映:NOBIDORANDO/おんなのこきらい
LIVE:町あかり / 挫・人間 / カネコアヤノ / いずこねこ/ 大森靖子
→|詳細!
posted by staff at 01:06| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする