2014年08月09日

MOOSIC LAB 2014審査員選評VOL.1:林未来(元町映画館)松村厚(第七藝術劇場)木全純治(シネマスコーレ)井上経久(シネ・ウインド)黒澤佳朗(沖縄G-Shelter)飯塚冬酒(横濱HAPPY MUS!C映画祭)

先日各賞が発表されたMOOSIC LAB 2014ですが、毎年恒例、審査員たちの審査員選評を順次アップしていきます。今年は上映劇場の支配人ほか特別審査員を含め16人!個人賞はこちらの各審査員の票と観客アンケートのミックス。グランプリ、準グランプリは各審査員の票を元に意見を交わし、決定しております。

@林未来(兵庫/元町映画館 支配人)

グランプリ=NOBIDORANDO|準グランプリ=恋文X|特別賞=おばけ|ベストミュージシャン賞=TADZIO(NOBIDORANDO)|ミュージシャン賞=カネコアヤノ(恋文X)、挫・人間(おばけ)|最優秀女優賞=森川葵(おんなのこきらい)|女優賞=吉岡里帆(イルカ少女ダ、私ハ)、佐藤玲(おばけ)|最優秀男優賞=中村祐太郎(あんこまん)|男優賞=木口健太(おんなのこきらい)、三河悠冴(恋文X)


音楽×映画という挑戦。それは映画における音楽の存在、そのバランスを、既存の文法をブッ壊すことであり、新たなジャンルとしての映画をつくることである。全体的なクオリティがぐんと上がった今年のMOOSIC LABだが、破綻した作品がない代わりに、奇跡のような作品にも出会うことは叶わなかった。そんな中で最も“MOOSIC的”だったのが宮本杜朗監督の『NOBIDORANDO』。この作品を思い返すとき、まずTADZIOのシンバルが頭で鳴り響くのだ。そして今年は、〈音楽〉を体現するような俳優が散見できたことも嬉しい。『イルカ少女ダ、私ハ。』の吉岡里帆の足取り、『おばけ』の佐藤玲の一篇の詩のような表情、『ほったまる日和』の少女たち。そしてこれは毎年のことだが、男優賞に選出する男性たちはみんな、本当に心からムカつきます。まだ思い出すたびイラッとする。〈MOOSIC LAB〉でしか出会い得ない映画たち。この企画はいつか映画界に変革をもたらすに違いない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A木全純治(愛知/シネマスコーレ支配人)

グランプリ=NOBIDORANDO|準グランプリ=QOQ|特別賞=あんこまん|ベストミュージシャン賞=TADZIO(NOBIDORANDO)|ミュージシャン賞=黒際連盟(QOQ)、町あかり(あんこまん)|最優秀女優賞
=森川葵(おんなのこきらい)|女優賞=青山未来(あんこまん)、佐藤玲(おばけ)|最優秀男優賞=ケツ(QOQ)|男優賞=松居大悟(NOBIDORANDO)、中村祐太郎(あんこまん)


『NOBIDORANDO』はMOOSIC LABの精神をしっかりとらえた格調のある作品である。TADZIOという特異なバンドの生い立ちが、関係者たちが語るとんでもない話があたかも真実にみえるほど、語り手たちの話しぶりが面白い。準グランプリにした『QOQ』は、大阪人の体質が生々しく描かれ、黒田監督の映画作りの特徴がよくでている。ケツと馬と魚のコンビが絶世の美女を感じさせる坂元ゆうなの登場によって、揺れ動く様が快調。『おんなのこきらい』は主人公演じる森川葵が、自信過剰の裏側にある不安定な心理状態をよく演じている。『あんこまん』は自主映画という枠を乗り越えた中村監督の意欲作である。自主映画では裸のシーンを上手く描く監督がほとんどいない中、裸の描写を超越して、男の欲望をしっかり描いた点が評価できる。ただ『おんなのこきらい』と『あんこまん』はMOOSIC LABという仕切りの中をはみ出している点が残念である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

B松村厚(大阪/第七藝術劇場 支配人)

グランプリ=恋文X|準グランプリ=イルカ少女ダ、私ハ。|特別賞=NOBIDORANDO|ベストミュージシャン賞=TADZIO(NOBIDORANDO)|ミュージシャン賞=カネコアヤノ(恋文X)、黒際連盟(QOQ)|最優秀女優賞=森川葵(おんなのこきらい)|女優賞=吉岡里帆(イルカ少女ダ、私ハ)、佐藤玲(おばけ)|最優秀男優賞=GOMESS(遊びのあと)|男優賞=荒谷清水(寝床より愛をこめて)、ケツ(QOQ)


初めて「MOOSIC LAB」の審査員をさせていただき、通常の映画祭の作品審査との違いにとまどいを感じたのが本音です。企画意図としての映画×音楽の融合度の観点からの選考ですから作品的に面白いというだけの選考ではいけない訳です。企画意図に合致して作品の完成度も高い作品となると正直、全体的に水準は高くなかったように思います。そうした中での選出ですから全てがベストではないながらも私なりに良かった作品の選考になっております。ミュージシャン賞もその音楽が見事に映画に融合しているかどうかですから難しいかったです。唯一、すんなり選考出来たのは女優賞でした。しかしながら、こうした企画から新しい才能が巣立って行く訳ですから今後の発展を祈ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

C黒澤佳朗(沖縄/G-Shelter主宰)

グランプリ=おんなのこきらい|準グランプリ=NOBIDORANDO|特別賞=ほったまるびより|ベストミュージシャン賞=カネコアヤノ(恋文X)|ミュージシャン賞=町あかり(あんこまん)、ふぇのたす(おんなのこきらい)|最優秀女優賞=森川葵(おんなのこきらい)|女優賞=吉岡里帆(イルカ少女ダ、私ハ)、和田光沙(あんこまん)|最優秀男優賞=荒谷清水(寝床より愛をこめて)|男優賞=中村祐太郎(あんこまん)、木口健太(おんなのこきらい)

今年のムーラボは、ビジュアル中心に全体的にクオリティが高かったが、作品の印象は横ばい。演技と技術と脚本がかみ合えば化ける作品も多かったように思う。ムーラボの幅を広げる意欲作もあったと思うが、まとまり良い小作などもあったほうが幅が出たのではないか。個人的には王道的エンターテイメント作品も見たかった。コラボするミュージシャンは当初は地味な印象だったが、全作品観た後は気になるミュージシャン多数。欲を言えばミュージシャンの魅力をもっと引き出して欲しかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

D井上経久(新潟/シネ・ウインド支配人)

グランプリ=おんなのこきらい|準グランプリ=QOQ|特別賞=あんこまん|ベストミュージシャン賞=カネコアヤノ(恋文X)|ミュージシャン賞=アカシック(これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである)、TADZIO(NOBIDORANDO)|最優秀女優賞=森川葵(おんなのこきらい)|女優賞=吉岡里帆(イルカ少女ダ、私ハ)、和田光沙(あんこまん)|最優秀男優賞=中村祐太郎(あんこまん)|男優賞=ケツ(QOQ)、影山徹(キッチンドライブ)


 僕はその時その時によって評価軸がかなり変わる人間です。だから今回も例年同様悶絶のMOOSIC LAB審査なのだけれども、自分なりの曲げない基準としては“作品に対し作り 手の思いや意図が感じられるか”どうかに注目しました。森川葵さんの素敵な表情や演技そしてふぇのたすの魅力も十分に伝わってくる「おんなのこきらい」を気に入りはしつつも、どこか全体を整えることを気にしている作品のような印象を受けてしまい最初から高い評価をしていたわけではありませんでした。しばらく前に「おとなになりたくて」を観ていた僕は黒田将史監督の「QOQ」をとても楽しみにしていて、それは確かに面白く楽しい映画でしたが、60分という時間を上手く使った作品かというと微妙な印象でした。それでも「おんなのこきらい」にはMOOSIC LABの枠組み の中で自分が出来ることをフル活用して作るんだという加藤綾佳監督の意気込みを、「QOQ」からは面白い映画を作って笑わせることへの黒田監督の執念というかこだわりを、それぞれ感じました。そんな強い意志を感じた作品としては、太田達成監督「遊びのあと」があります。結果的に受賞に結び付けられず申し訳ない気分です。そして「あんこまん」「NOBIDORANDO」「ほったまる日和」は、いずれもMOOSIC LABという企画のキャパシティを広げていく力を持つ刺激作だと思っています。悩みましたが特別賞には中村監督と和田光沙さんが心に残る「あんこまん」を選びました。ミュージシャン賞はカネコアヤノさんとTADZIOは外せませんでした。その他の作品・俳優・ミュージシャンにもいろいろ触れたいのですが、収集が付かなくなりそうなのでここまでで。
 今は8月です。大林宣彦監督が映画にした長岡花火はじめ新潟の夏は9月まで連日花火大会となります。数か月は頭の中が「この空の花」状態に陥る新潟県民にMOOSIC LAB2014の12作品をどうお届けしていくか。映 画監督の思いや意図を観客に伝える手段を考えなければならない秋までもうすぐです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

E飯塚冬酒(横濱HAPPY MUS!C映画祭)

グランプリ=ほったまるびより|準グランプリ=あんこまん|特別賞=恋文X|ベストミュージシャン賞=柴田聡子(ほったまるびより)|ミュージシャン賞=カネコアヤノ(恋文X)、たゆたう(寝床より愛をこめて)|最優秀女優賞=森川葵(おんなのこきらい)|女優賞=青山未来(あんこまん)、井上早紀(おんなのこきらい)|最優秀男優賞=中村祐太郎(あんこまん)|男優賞=荒谷清水(寝床より愛をこめて)、谷啓吾(おんなのこきらい)


 昨年の「ダンスナンバー 時をかける少女」「おとぎ話みたい」「メロディ・オブ・ファンハウス」のような音楽と映画がうまくミックスした作品を期待していましたが、今回の各作品からは、「音楽と映画の実験室」というMOOSIC LABの感じをあまり受けなかったのがちょっと残念です。監督たちも「音楽」をBGMやアーティストのカメオ出演という形で「自分の映画」をつくってしまっている感があり、個人的にはもっともっとカオス的なMOOSIC LAB感が欲しかったです。
 ただ、それぞれの監督が音楽をうまく自分のフィールドに引き込んでいる分、映画としての完成度は非常に高く、各監督の世界感を表現していて、MOOSIC LABの開催期間中、映画館に通い、作品を拝見することが楽しみでした。
 「おんなのこきらい」は出ている役者さんたちに魅力があり、もう1回観たい、この人たちの他の作品も観てみたい、と思います。
 「キッチンドライブ」や「寝床より愛をこめて」はベースに劇団さんの底力を感じて、役者さんの演技とストーリーを単純に楽しむことができました。
 今回の各作品がどのように広がっていくのかが楽しみです。そして来年のMOOSIC LABもどのような作品が登場するのか、とても楽しみです!

(つづく)

■MOOSIC LAB 2014 名古屋編
2014年8月9日(土)〜オープニングイベント@spazio rita(15:00)→上映@シネマスコーレ(20:00)
→|詳細!

■MOOSIC LAB 2014 アンコール上映
8月16日 土 QOQ/おんなのこきらい K's cinema
8月17日 日 NOBIDORANDO/あんこまん K's cinema
8月18日 月 イルカ少女ダ、私ハ。/恋文X K's cinema
8月19日 火 遊びのあと/おばけ/寝床より愛をこめて K's cinema
8月20日 水 これ僕アカシック/おんなのこきらい K's cinema
8月21日 木 ほったまるびより/キッチンドライブ K's cinema
8月22日 金 QOQ/あんこまん K's cinema

■MOOSIC SUMMER FEST 2014
8月25日(月)Shibuya WWW 17:00-
上映:NOBIDORANDO/おんなのこきらい
LIVE:町あかり / 挫・人間 / カネコアヤノ / いずこねこ/ 大森靖子
→|詳細!
posted by staff at 00:58| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする